前回は、お金の話をしました。

http://www.mokutanya.com/eg6x

さて、今回はお金のブロック(抵抗)の話。


私たち日本人の多くが、どうやらこの「お金のブロック」を
持っているようです。

これがビジネスしていく上で、どうにもジャマになること
があります。

「そんなぁ、ボクにはそんなのないですよ」

という方、ぜひ次のシーンをイメージしてみてください。


まず、あなたが「秘伝のプリンのレシピ」のDVDを作ったとします。

近所の顔見知りでもいいですし、会社の同僚でもいいです、
彼ら彼女らに、それを

「これ、秘伝のレシピなんだけど、5万円で買わない?」

と言ってみてください。

相手の顔や、手に持っているDVDをありありと思い浮かべて、
話しているところをイメージしてみてください。

もしここで、何も感じない、というのなら、おめでとう。

これ以降は、特に読む必要ないです。

でも、「お金もらうの何だか悪いな」とか「ちょっと恥ずかしい」
と思った方は、もう少しおつきあいください。


私たちは、お金についてほぼ何も教育を受けてきませんでした。

しかも、TVの時代劇では、「おぬしも悪よのぉ」とか言いながら
小判を渡されるシーンを何度も見せられてきました。

こうした洗脳を受けたためか、「お金=悪」、「お金持ち=悪人」
というイメージを持っている人が多いようです。


私自身もそうでした。

自分が作った商品やサービスに、適正な価格設定ができなかったのです。

適正な価格設定ができなければ、ビジネスの継続は不可能です。


さて、ではどうしたら、そのブロックをクリアできるのか。

方策は3つあります。

1.10倍の価値を提供する
先ほどのプリンのレシピ、もしそれが専門店が開店できそうなレシピ
だったら、5万じゃなくて、50万でも安いでしょう。

そう、10倍の価値を提供する、ということです。

なぜ10倍か、というと、これを提供された側は、1/10ぐらいに
価値を評価するだろうから、ということです。

10倍という数字に惑(まど)わされることはありません。

「価格以上の価値を提供する」という信念を持てば、
ブロックもかなり減るはずです。


2.企業を相手にする
いわゆるBtoBです。

私は、以前原稿を書いて、ページ当たり何千円とか、まとめて
いくら、とかいって、一度に数百万の収入を得たことが何度か
あります。

このときは、なんのブロックも感じませんでした。

当たり前のこととして、お金をもらっていました。

これも、相手が個人ではなく、企業だからでしょう。

余談ですが、お金のブロックとは関係なく、起業したら
企業相手にビジネスできないか、真剣に考えてください。

BtoCより継続的な収入が期待できますから。


3.成功報酬にする
成功報酬とは、売り上げの何%をください、とかうまくいった
ら報酬を払ってください、といった課金モデルのことです。

事前に契約しているため、これもブロックをほとんど
感じません。


その経営者が史上最年少で一部上場したということで
話題になった「リブセンス」という会社も、この課金モデルを
採用していました。

上場した時にその経営者、何と25才だったそうです。


私もこの成功報酬という課金モデルがお気に入りで、
ビジネスをするときは、必ずこのモデルを適用で
きないか、考えています。

そして、このモデルは、もっともっと実践されていい、
と思っています。


今回はここまで。

今回の話、起業はもちろん、地域おこしやNPO等で
ビジネスする時も、役立ったらうれしく思います。


次回は、「アイデアの生み出し方」。

アイデアを生み出すのは、才能ではありません。


—————————————————-

■ 編集後記

ウチでは、お味噌汁の出汁に、昆布・煮干し・干し椎茸を
使ってます。

昆布が切れたので、先日↓

http://www.ndana.com/url/file/knb.html

を買ってみました。

このまま食べてもおいしく、ときどき囓ってます。

小さい子には、こういうのをオヤツにしてほしいな。