■ ベルト

先日、いい感じのカーゴパンツがあったので、色違いで2本購入しました。

でも、太ももに合わせたので、ウェストがゆるゆる。

このままじゃ、ちょっとずり落ちてきちゃう。

そしたら、妻がこれどう、とベルトを貸してくれた。

たぶん、これと↓と同じもの。

http://www.ndana.com/url/file/beltr.html

ベルトって、バックルが邪魔くさくて好きじゃないんだけど、これはバックルなし。

ウェストがゴム入りのパンツになったように楽。

以来、ウチでも外でも、愛用しています。

女性にとっては、トイレでも楽とか。

いいアイデアですね、これ。

こういう↓2Wayのものもあるようです。

http://www.ndana.com/url/file/belt.html

—————————————————-

■ ■ これからの仕事3

前回は、仕事ではお金を回せることがポイントだというお話ししました。

恥ずかしながら自分の経験も交えて、「時代に合っていた」仕事を見つけることができた、という話でした。

http://www.mokutanya.com/wcgr


今回は、これを知っていれば、もっと早くお金を回すことができたのに、という話です。


いきなりですけど、ビジネスの本質は何だと思いますか。


いろんな意見があるんだろうと思いますが、私ならこれに

「価値を提供し、お金と交換すること」

と答えます。

価値というのは、お客さんにとっての価値。

木炭屋.comの例で言えば、「木酢液という選択肢を提供すること」です。


ジグ・ジグラーは、こんなふうに言います。

「もし、誰かが欲しいものを得ることを手伝えば、あなたが欲しいものは手に入る」

キレイな手足になりたいという思いを手伝ったから、その対価としてお金をもらったというわけです。


これはつまり、自分の欲求ではなく、相手の欲求にフォーカスすること、で自分の欲求も満たされるということです。

もし、これが「暗黙知」のレベルでできれば、もはやライバルはいません。

暗黙知というのは、一言でいえば「無意識に出来ること」です。

車の運転で言えば、免許取り立てのころは、キーを差し込んでエンジンをかけ、ブレーキを踏みながら、ギアをドライブに入れ、サイドブレーキを下ろし・・・と一つ一つ意識していました。

これが慣れてくると、いちいち意識することなく、自然に出来てしまいます。

これが「暗黙知」のレベル。

このレベルになるには、ともかく慣れ、数稽古が必要です。


ビジネスにおいて、相手の欲求にフォーカスする、ということが無意識にできれば、お金を回すのはずっと簡単になるはずです。

というのもこれが出来ている人は、ほとんどいないからです。

大抵は、売り上げとか利益率とかの数字にフォーカスしています。


相手の欲求にフォーカスするという稽古を繰り返すことが、ビジネスでの成功の近道といえるかもしれません。


今回はここまで。


モノゴトには、必ず階層があります。

階層が上になればなるほど、その適用範囲は広くなります。

今回も仕事の話ですが、生活においても適用できる内容かなと思います。

次回は、さらに上の階層の話です。

今回の続きですが、それを身につけると、悩みの2/3を解決できるという話です。

そしてそれは、このシリーズで、私が最も書きたかったことでもあります。

それでは、また次回。