前回は、お金のブロック(抵抗)の話をしました。

http://www.mokutanya.com/w4k6

私たち日本人の多くが持っている「お金のブロック」を
はずす方法について話しました。

ビジネスしていく上では、ジャマになりますからね。


今回は、「アイデアの生み出し方」。

不安定で、変化のスピードの速い世の中。

これから先も、こんな状態は続いていくはずです。

そんな世界では、たぶん、こんな不文律が成り立つの
ではないでしょうか。

これまでと同じ事をしていたら、
停滞ではなく衰退する

でも、どんな世の中になっても、私たちは生き抜い
ていかなくてはなりません。

そのために「新しいものを自ら生み出していく」と
いう考え方が、とても重要になってきています。


新しいもの、例えば2007年のiPhoneの登場で、私たち
の生活はずいぶん様変わりしました。

iPhone、確かにジョブズは、すごいモノを作り出し
たと思います。

でも、このiPhone、見方を変えれば、

PC + 電話

ですよね。

つまり、世界を変えたこのアイデアも、ただの組み合わ
せだということです。

アイデアの例として、iPhoneだとちょっとハードル
が高いですよね(笑)。

ならば、「ハンバーガー」や「イチゴ大福」ならば
どうでしょう。

そう、まさにイチゴと大福を組み合わせただけですよね。


こういう例もあります。

15才の少年が膵臓がんを早期に発見する、画期的な
方法を生み出しました。

従来の方法と比べると、168倍速く、26,000分の1以下
の費用で、400倍の精度だというから、とんでもない
アイデアです。

でも、これも見方を変えると、カーボンナノチューブ
という従来からあったものを「転用」したにすぎません。


そう、つまりアイデアというのは、組み合わせか転用
にすぎないということ、

新しいものなんて、何もない

んです。


アイデアというものに対して、「それを生み出すのは
簡単なこと」という意識を持つことがポイントです。

後は、ちょっとしたツールを使うのがおすすめ。

マインドマップや「オズボーンのチェックリスト法」な
んてのは、発想の役に立ちます。

これで、アイデアを出しまくって、ビジネスしていけ
ば、これから先も何とかなるんではないか、と。


そう、確かに、私もあなたもジョブズやアインシュタイ
ンではありません。

ですが、私もあなたも、社会にインパクトを与えるよう
なアイデアを生み出すことができるかもしれないのです。


今回はここまで。

次回は、「ホンの少しの差」。

大きな結果の違いを生む「ホンの少しの差」について。

 

—————————————————-

■ いいね!実験にご協力ください

このFacebookページ

https://www.facebook.com/mokutanyacom

今、いいね!が56。

前回(2/20)が44だから、12人増えました。

いいね!してくれた方、ほんとにありがとうございます。

100を目指してます。

「いいね!」っていうやつ、試しに、クリックしても
らえないでしょうか。

—————————————————-

■ 木酢液クリアをクリームに

木酢液クリアをクリームや乳液にできたら、
とても使いやすくなりますよね。

そこで、その作り方について、下記のページに

http://ibo.ndana.com/cream

にまとめておきました。

ところが、そこにコメントが投稿され、これがとても
よさそうなんです。

これ↓を使うんだそうで。

http://www.ndana.com/url/file/kg.html

よかったら、参考にしてください。