前回は、ミラーニューロンについてお話ししました。

ミラーニューロンは、確かに新しい技術を覚える時などはとても有用なのですが、ただそれには別のネガティブな面があるという話でした。

http://www.mokutanya.com/1ucs


今回は「ブレる」ということについて。

いきなりですが、「朝令暮改」と聞いて、どんな印象をもちますか。

これは「朝に出した命令を夕方にはもう改める」という意味ですが、言ったことをすぐに変えるのは感心しない、と考える方が多いのではないでしょうか。

そう、多くの人はこういうのを「ブレる」といって批判します。


私たちは、親から先生から、あるいは上司から「ちゃんとしなさい」とか「ちゃんとやれ」とか何度も言われてきました。

一度もこんなこと言われたことない、という人はいないと思います。

そのせいか、日本人の多くが完璧主義のようです。

この完璧主義には良い点もなくはないですが、悪い点の方が多いように感じます。

その問題点を列記してみます。

1.視野が狭くなる

「~でなければならない」という考えにこだわり、他人の意見を聞き入れにくくなる。

2.失敗が許せない

これは自分に対してだけならまだしも、他人に対してもそうなる傾向があります。

そうなると、信頼は築けないですよね。

3.行動できなくなる

完璧に準備ができるまで、行動できない。結局、タイミングを逃すことがある。

4.チャレンジできない

失敗を恐れて、チャレンジしない、できない。

確かに時代が安定していた頃(もう20年以上前だと思う)なら、そんなリスクを取らなくて済んだかもしれません。

しかし、この不安定な時代、むしろチャレンジしない方がリスクだと思うんです。

そうしないと、ワーキングプアとかに簡単に落ちてしまうではないか、と。


では、完璧主義から抜け出すには、どうしたらよいか。

以前、私もそのような傾向があったのですが、それをあるワークをすることで、大分軽減できたようです。

そのワークでは、まず自分のルールを書き出します。

ルールというのは、「~でなければならない」とは「~してはならない」と思っていることです。

・一番でなければならない
・人に優しくしなければならない

とか

・弱音を吐いてはならない
・ウソをついてはならない

とか。

だれしも、けっこうたくさんあるはずです。

これらは、私たちが子どもの頃に、植え付けられてしまったルールなんです。

そしてそのリストアップされたルールの中で、止めた方がいいものと残した方がいいものを分けます。

さらに、その残ったルールを書き換えます。

たとえば、「ウソをついてはならない」というルールが残ったとすれば、それを

・ウソをついてはならない、だけど時々ウソも方便だよ

という風に、エクスキューズのついた柔らかいルールに変え、声に出して読んでみます。


このワークで新しいルールを作ると、ケンカやイライラが減り、自分のブレーキをはずすこともできるようになります。

なぜなら、今まで持っていたルールというのは、それで自分も他人もジャッジしていたから。

他人のジャッジを止め、いや~そんなことできないよ、という自分の思い込み(ブレーキ)をはずす。

それができたら、いろんなことにチャレンジしている自分に出会えるはずです。


今回はここまで。

次回は、「集中」について。

 

—————————————————-

■ 編集後記

朝は、果物・豆乳ヨーグルト・お味噌汁。

これで昼と夜は好きなものを好きなだけ食べてます。

ダイエットの必要もなく、体調もとてもいいです。

http://www.ndana.com/url/file/ky.html

という本を読みましたが、ミトコンドリア的にもオッケーなようです。

豆乳ヨーグルトも何度も作り続けられるので、

http://www.ndana.com/url/file/toyo.html

コストも高くありません。

牛乳や乳製品はやめて、豆乳にしたんですが、味にもだいぶ慣れてきました。