前回は、アイデアにの話をしました。

http://www.mokutanya.com/eyo2

アイデアなんて組み合わせか転用、新しいモノ
なんてない、という話でした。


今回は、大きな結果の違いを生む「ホンの少しの差」
について。


だいぶ前のことですが、仕事で遅くなり、タクシーで
深夜に帰宅した時のこと。

おりる時に、その運転手さん、こう言ったんです。

お休みなさい

これには、ちょっと感動しました。

「お疲れ様」とかは聞くけど、「お休みなさい」
というのは、初めてでした。


そう言われた瞬間、肩から力が抜け、ほっとした
気分になったことを覚えています。

もし、指名できるなら、次回もこの運転手さんに
お願いしたいと思いました。


おそらく、この運転手さん、成績はかなりいいんじゃ
ないでしょうか。

これだけ、お客さんの心理がわかるんですから。

どういう天候の時に、どんなところでタクシーに
乗りたいか、わかっているのではと思います。


もう一つ。これは知人の話。

その知人、よく行く居酒屋がある。

その店では、新しいメニューを開発する時、
その試食を常連さんに、お願いするんだとか。

そして、意見を聞くんだそうです。

それを、メニューに載せるとき、

「このメニューは、○○様からアドバイスをいた
だきました」

と名前入りで書くんだそうです。

確かに、メニューに、

「このメニューは、○○様からアドバイスを
いただきました」

と書いてあったら、ちょっとうれしいですよね。


そう、これは誰が言ったのか知りませんが、思わず
「うーん」とうなったのは、

『世界で一番美しいのは自分の名前』

という言葉。

誰しも、自分の名前が呼ばれたり、書かれていたり
すると、うれしいものです。


知人も、「他の店に行くと、悪い気がする」といって
その店に行ってます。


タクシーの例も、居酒屋の例も、ホントにわずか
な気配りですよね。

飲食業なんて競争が激しい世界ですから、お客さんが
こなければ、撤退するしかない。

場合によっては多額の借金を抱えるかもしれません。

そう、ホンの少しの差が大きな結果の違いにつなが
ります。


ビジネスをしている方は、今回の

『世界で一番美しいのは自分の名前』

を自分でも使えないか、ぜひ考えてみてください。


今回はここまで。

次回は、「100%失敗しない方法」。

そんなバカな、と思うかもしれませんが、あるんで
す、そんな方法が。


—————————————————-

■ 編集後記

牛乳は飲まないんですが、

http://www.ndana.com/url/file/kyg.html

はどうも体に良いのでは、と思うんです。

キネシオロジーでも調べてみました。

うーん、こういう健康談議もメルマガでしたいんだけど。

どうかなぁ?