前回は、時間の話をしました。

http://www.mokutanya.com/c94d

さて、今回はお金の話。

 

■ お金とは何か

まず、「お金って何?」ということを考えてみます。

お金というものが生まれる前は、欲しい物があれば、物と物を交換するしかありませんでした(物々交換)。

それでは不便だということで、貝殻などを使った貨幣が使われるようになりました(自然貨幣)。

そして、今度はお米のような価値のあるものが貝殻に取って代わりました(商品貨幣)。

次に、生まれたのが和同開珎のような金属貨幣です。

ようやくこのあたりから、「お金」と呼べる物になってきました。

 

そしてさらに兌換紙幣が生まれ、これは金(などの貴金属)と交換できるお金がことです。

今、先進国で使われているのは不換紙幣で、これはその国の政府の信用の上に成り立っているお金です。

つまり、私たちが使っている円は、日本政府の信用次第ということですから、そういわれると何だか不安定な感じもしますね。


さて、こうして歴史を振り返ると、今私たちが使っているお金は不換紙幣であり、「本質的な価値」はないということになります。

とはいえ、お金がないと、生活もままならないですよね。

 

マグロやアジが食べたければ、ウサギでも捕まえなきゃ、なんてシャレになんない。

つまり、お金とは便利なツール(道具)だと定義できます。

 

ツール(道具)というと、何か貶(おとし)めたように聞こえるかもしれませんが、それはちょっと違います。

料理人は、道具である包丁のことを「魂」とさえ呼びます。

それと同様、お金は、便利で、そしてとても大切なツール(道具)と言ってよいのではないでしょうか。


■ お金の使い方

お金の使い方には、資産に使うか負債に使うか、の2つあります。

資産とは、価値、が増える、が増え続ける、を生み出すのいずれかです。

負債とは、その逆に価値、が減る、が減り続ける、を吸い取るもののいずれかです。


資産とは、人によって異なるものもありますが、「健康」や「スキル」というのは、誰にでも共通する資産といって良いでしょう。

健康がすべてとはいいませんが、健康を失えば多くのことができなくなります。

その意味で、健康に投資するのは、最もリターンの大きい投資かもしれません。

 

また、スキルでも例えばこういう人脈構築法に投資する、というのも人によっては資産になるはずです。

https://fiverworks.com/order/info/order.php?i=MK005


一方、負債とは無駄遣いや衝動買いのようなものに使うことです。

誰にでも少しはありますよね、衝動的に買っちゃうことって。

自分が見栄を張るためにお金を使う、っていうのも負債の一つでしょう。


結局は「負債を買わない、資産に投資する」というお金の使い方をすれば、将来的に価値を生み出す、ということになります。


■ 起業とお金

アンケート結果を見ても、「起業にお金が必要」と考えている人がいます。

もちろん、いろんな考えがあるのは当然なのですが、私は

起業にお金を使ってはならない

と考えています。

 

なぜなら、多額のお金を投資したり、あるいは借金したりすると、そのことに多くのエネルギーが奪われてしまうからです。

これは人によると思いますが、「今、借金が○○円ある、あ~早く返したい」とか考えたりすると、ビジネスに集中できないですよね。

そんなことにエネルギーを使うのは、本当にもったいないです。


そして今、このインターネット時代になったからこそ、「お金を使わずに起業する」ということが可能になったのです。

実際、私も会社設立の費用を除けば、最初に使ったのは、ドメイン代とレンタルサーバ代だけでした。

これらは合わせて、一年間で1万円以下です。

 

まさに、「1万円起業」ですね。

http://www.ndana.com/url/file/ichiman.html

この本でも、いくつか事例が書いてありますが、「お金を使わずに起業できる」というところはとても共感しました。

なので、一万円とはいいませんが、五万円以下で起業する、ということを考えてみて欲しい、と思っています。

これは、起業ではなく、新しいビジネスを手がける時も同じです。


そして、ここがこの少額起業の最大のポイントなのですが、

お金を使えない、となると頭を使うしかない

ということなんです。

頭を使って何とかするしかない、という状況は苦しいけど、それでもここでものすごく成長できるはずです。

そう考えると、何だか少しワクワクしませんか。


今回はここまで。

次回は、「お金のブロック」について。

おそらく、ほとんどの日本人がこのブロックを持っているのでは、と思います。

実際、私にもこれはありました。

それを克服する方法をお話しします。

 

—————————————————-

■ 木酢液クリアをクリームにする

木酢液クリアがクリームや乳液だったらいいのに!

って思いますよね?

そうすると、ずっと使いやすくなりますから。

これ「乳化剤」を使うとできるんです。

作り方を

http://ibo.ndana.com/cream

にまとめておきました。

—————————————————-