前回は、才能の見つけ方について、お話ししました。

才能のない人はいませんが、それに気づいていない場合が多いようですので、その見つけ方のワークを紹介しました。

http://www.mokutanya.com/iwcr


さて、今回はリソースについてお話しします。

リソースには、

・人脈
・お金
・時間

があります。

そのいずれも重要なものですが、まずは人脈についてお話しします。

「人脈」というと、ビジネス寄りな感じがしますが、主婦でも学生でも人脈によって、「自分の世界が広げられる」ということをぜひ意識してほしい、と思います。

そう、世界を広げる話なんです。

ただ、どれだけ人脈というのが重要か、という話は長くなるのでパス(笑)。

いきなり、How toの話にいきます。

人脈を早くそして大きくする、とっても効果的な方法、名付けて

リカーシブ人脈構築法

これ、ホントにお金を払ってもいい話ですので、ぜひ覚えて実践してくださいね。


まずこの「リカーシブ」ですが、情報処理で使われる言葉です。

これは、「再帰的」と略され、自分自身を呼び出すことなんですが、要は「辿(たど)っていく」ということなんです。

どういうことか、具体的に例を示します。

まず、最初にAさんに会って、自分のやりたいことや計画なんかを話します。

そして、Aさんに「どなたか紹介してもらえませんか」と。

そこで、Bさんを紹介してもらったとします。

そしたら、次は当然、Bさんのところに行って話をし、そしてそこでも誰かを紹介してもらいます。

まず、ここで、Aさんには「紹介していただいたBさんとお話しできました」とお礼を言います。
(まあ、これは常識だと思いますが)

さて、Bさんから、Cさんを紹介してもらったとして、今度はCさんと話をします。

そして、ここがミソなんですが、このときにBさんにお礼を言うのはもちろんのこと、Aさんにもお礼を言うんです。

そう、AさんはCさんのことを知らないかもしれませんが、Aさんには

「Bさんに紹介していただいたCさんとお話しできました」

とお礼を言うワケです。

つまり、元まで辿って、お礼を言うんです。


これを繰り返していきます。

CさんにDさんを紹介してもらったら、BさんとAさんにもお礼を、というふうに。

そうすると、必然的にAさんやBさんと、接触頻度が増えるわけです。

接触頻度が増えると、あなた自身の信頼が高まります。


以前私は、出版社に務めていたことがあって、そこで編集の仕事をしていました。

仕事柄、何社もの印刷会社の営業の人が来るわけです。

他の営業マンは、打ち合わせだったり、納品だったりで来るわけですが、ある会社の営業マンは特に用事もないのに、ほとんど毎日来るんです。

そうすると、一年後どうなったと思います?

そう、印刷の仕事のほとんどを、その会社にお願いするようになってしまったんです。

つまり、その営業マンが最も信頼されるようになった、ということです。


これが、「接触頻度」というものの重要さを示す一例です。

AさんやBさんに何度も接触していると、あなたの信頼も高まって、また他の人も紹介してくれるでしょう。

こんな風に繰り返していると、本当にあっという間に人脈は大きくなります。


ただ、これだけは忘れないでください。

必ず紹介してもらったお礼をいうことと、自分ができることで精一杯恩返しする、ということを。


このリカーシブ人脈構築法を使うことで、あなたのやりたいことは、かなり実現に近づくはずです。

ぜひ実践したもらえたら、と思います。


さて、今回の話、ホントに価値のある話だと思った方は

https://fiverworks.com/order/info/order.php?i=MK005

をご覧ください。

今回はここまで。

次回は、リソースの一つ、時間についてお話しします。

それでは、また。

—————————————————-

■ いいね!実験にご協力ください

Facebookページというのを作ってみました。

https://www.facebook.com/mokutanyacom

Facebookって、ほとんど使ったことがなくて、よくわかりません。

「いいね!」っていうボタンをクリックしたらどうなるんでしょう?

試しに、クリックしてもらえないでしょうか。

その結果、どうなったか、後日またこのメルマガで、報告します。

※何かすんごいこと、起きないかなぁ(ワクワク)

—————————————————-

■ 編集後記

以前お話しした、豆乳ヨーグルト、止めちゃいました。

http://www.ndana.com/url/file/toyo.html

これまで、何度も作ってきましたが、手間がかかるのと、どうも自分には効果が?でした。

そこで、今度はこちらに挑戦。

http://www.ndana.com/url/file/kyg.html

このタイプも何度も作っているので、簡単にできるはず。

また、報告します。