前回は、「反証」についてお話ししました。

チェスや投資などに強い人は「反証する力がある」という話でした。

これはつまり、「この考えじゃダメかもしれない」と自分の考えを否定する能力が高い、ということです。

http://www.mokutanya.com/f8sf

確かにこの反証する能力は、ゲームに勝つためには必要な能力だと思います。

では、ビジネスではどうでしょう。


もし、ビジネスで「いや、そのやり方じゃうまく行かないんじゃないか」と否定されて、何もしなかったらどうなるでしょうか。

その会社に、将来はないですよね。

そんなときは、「小さくテストする」というのが最良の解だと思います。

これはたとえば、広告をいきなり大々的にやるんではなく、地域を限定して配布するとか、一つの媒体(雑誌など)だけに絞ってやってみる、とかいうことです。


ビジネスでは、結果がどうなるか、やってみないとわからないことがほとんどです。

やってみて、そこから得られる知見でブラッシュアップしていく、これこそビジネスでの唯一の選択肢だと思うんです。


知行合一(ちこうごういつ)とか言いますよね。

これは、「実践しなければ本当に知ることにはならない」ということです。

ですから、自分でも50代になって、つくづく思うんです。

「実践以上に学べることはない」、と。


「小さくテストする」、そこで得られた知見をフィードバックして、さらテストを繰り返していく。

ビジネスとはつまり、「テストの連続」であると言えるのではないでしょうか。


今回はここまで。

 

—————————————

■ 編集後記

宮崎県に行ってみました。

すごいですね、「鵜戸神宮」って。

一度は見ておきたい神社だと思います。

ただ、私は鵜戸神宮へ行って、筋肉痛になりました(笑)。

そこにはお稲荷さんもあるんですが、そのすぐ右に、○○陵(忘れた)というのがあって、せっかくだから見てみようと思ったんです。

ところが、そこ登っても登ってもなかなか着きません。

途中で何度か止めようかと思いましたが、もうすぐ着くかも、と思い最後まで登りました。

そこに何があったか、というとそれは・・・秘密です(笑)。

行ってみたい方、トレッキングシューズでどうぞ。