■ ■ 対話のツール

前回は、「対話のツール」についてお話ししました。

マインドマップが他人とそして自分との対話のツールとして、とても優れているという話でした。

そこで、この本

ふだん使いのマインドマップ

を紹介しました。そしたら、何と筆者の方からお礼のメールをいただきました。
(お客さんの中に筆者の知り合いがいたそうです)


さて今回は「思いを実現する」ということについて。

以前、「見えるものを変える」

http://www.mokutanya.com/backno/%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B-737

というところで、

—————
○○が欲しいとか、○○になりたいとか思ったら、車を買うときと同じ事をすればいいだけです。

少なくとも「願いを叶えるナントカ」とかいうのより、ずっーーーと実践的ですよね。

自分の見える世界を変えるわけですから。
—————

なあんて、あっさりと書いてしまいました。

これだけじゃあちょっとというわけで、今回は思いを実現するにはどうすればよいか、ということを書いてみます。


車を手に入れるという例では、カタログをもらったり、試乗したりすることでした。

これは言ってみれば

   必要な情報に意識をフォーカスする

ということです。


私たちの回りには、TV・AM・FM・WiFi・携帯などさまざまな電波が飛び回っています。

こうしたさまざまな電波から、見たり、聞いたりするには、まず必要な電波に周波数を合わせなくてはなりません。

たとえば、NHK-FMを聞きたければ、それにチューナーの周波数を合わせる必要があるわけです。

先ほどの「必要な情報に意識をフォーカスする」というのと、よく似ていますよね。

電波と情報、そしてそれを見たり聞いたりすることと実現すること。


そうつまり、思いを実現するには、それに周波数を合わせていく必要があるわけです。

それもできるだけ正確に。

周波数が合ってないと、どんな名曲でも雑音が混じって聞けたもんじゃありません。


では、どうやって正確に合わせるかというと、これにはいくつか方法があります。

たとえば、毎日言葉に出す(アファーメーション)とか。

リアルにイメージできるように、写真や絵をコラージュするとか。


そういった方法も良いと思いますが、私のおすすめは「マインドマップ」(以降、MMと略記)。

自分の思いに対して、MMで、

・何を
・いつまでに
・どう行動していくか

といったことをメインブランチとして書いていく。

これは、前回もお話ししたように、自己との対話でもありますから、誰かに指導されたものではありません。

まさに自分で導き出した解ですから、ぶれないでいられます。

さらに、MMにイラストや写真を貼ると、より明確にイメージできるでしょう。


これがおすすめの方法です。

ですから、回り道と思われるかもしれませんが、まずはMMをこの本で

ふだん使いのマインドマップ

書けるようになってください。

それほど難しくはありません。

本だけでピンとこなかったら、セミナーなどを受講するのも良いでしょう。

そして、ぜひMMを自分の武器として使いこなせるようになってください。

素手で闘うより、ずっと強力です。

そして何より、武器を持っているということが、自信にもなります。


今回はここまで。

次回は「選ぶということ」。

—————————————————-

■ 編集後記

この秋映↓というリンゴ、

秋映

おいしいですよね。こういう堅いのが好きです。