前回は、読書についてお話ししました。

ただ、美智子皇后の言葉を書いたら、他に書くことがなくなってしまいました。

まあ、こういうこともあるってことで(苦)。

気を取り直して、今回は情報とのつきあい方について。


今さら言うまでもないことですが、インターネットが浸透し、スマホやタブレットなどの情報端末も普及し、情報量はかつて人類が経験したことのない量まで増えています。

以前だったら、そう30年ぐらい前だったら、「情報とのつきあい方」なんて考えなくても良かったはず。

しかし、これだけ情報が氾濫すると、そのつきあい方をきっちり考えておかないと、流されるままになってしまうような気がします。


情報には、ポジティブなもの・ネガティブなものがあります(どっちでもないものもある)。

ポジティブな情報だけを聞いていると、どんどん自分もポジティブになっていきますし、その逆も真なりです。

例えば、経営者が集まって、「いやあ、どうも不景気でね~」とかいう話を、あっちでもこっちでもやってる。

そうすると、それまで「新しい広告でも打とうかな」と思っていたのに、何だかダメそうだなぁ広告やめようかという気になってくる。

なんてこと、ありますよね。

もし広告を出していたら、うまく行ったかもしれないのに。


TVや雑誌、ネットでもネガティブな情報が氾濫しています。

人間はどうもそういう情報が好きなようです。

好きというか、ぼぉーっとしていると、人間は自然にネガティブな方向に行ってしまうそうです。

アメリカでは、TVを見る時間が長いほど収入が少ない、という統計があるそうです。

ネガティブな情報が思考に影響を与え、行動を抑制してしまうからでしょう。

一方で、新しいことにどんどんチャレンジする人は、もちろん失敗も多いでしょうけど、中には成功するものもあり、それが収入を増やすことにつながっています。


そう、情報というのは思考や行動に大きく影響を与えてしまいます。

だから自分では、ネガティブな情報は、できるだけ避けるようにしています。

具体的には、

・TVはあんまり見ない。ニュースは見ても、殺人事件とかのときはチャンネルを変える

・新聞・雑誌のネガティブな記事は読まない

・他人のうわさや悪口しか話さない人のそばには近寄らない

といったことを意識しています。


結局、情報の多くがネガティブなものですから、それを避けるだけで、だいぶ風通しも良くなるのではないでしょうか。


今回はここまで。

次回は「伝える」ということについて。

うまく伝わらない、伝えられない、ということで悩んだことって、ほとんどの人がありますよね。

これをもう少し何とかならないかな、と思って書きます。

—————————————————-

■ 編集後記

朝食は、果物、ヨーグルト、お味噌汁というのを続けて、もう5年以上になります。

ヨーグルトは、牛乳を買ってきて作っています。

作るのは私の担当。

鍋にお湯を沸かし、容器を殺菌。種を入れて・・・

と、もう手慣れたもんです。

ところが、どうも「牛乳で作る」というのがひっかかる。

http://www.ndana.com/url/file/watayo.html

では、牛乳をそのまま飲むわけではなく、ヨーグルトにするから大丈夫と書いてあるけど。

そこで、牛乳ではなく、豆乳で作ってみようと、

http://www.ndana.com/url/file/toyo.html

の豆乳ヨーグルトの種菌を買ってみました。

これ、見てもわかるように、けっこう高価。

でも、たぶんこれ、何世代も作り続けられるはず。

そのうち、実験報告しますね。