■ 足長蜂が

ウチの雨樋のところに足長蜂が何匹も結集!

このまま放置すれば、巣を作るかも。

「フッフッフ、こっちには木酢液があるのさ」

それをティッシュに含ませて置いていたら、退散しました。

しかーーーし、何と別の所にまた結集!

今度はどおかな?

—————————————————–

■ 木酢液クリアで湿布するときは

絆創膏には、かぶれにくい

http://www.ndana.com/url/file/yk1.html

をおすすめします。

—————————————————-

■ ■ 過去をスキャンする

前回は、「無理・難しい・できないと言わない」ということについてお話ししました。

このセリフは、思考停止させるから、というのがその理由です。

他人に対してだけでなく、自己内対話でも、というところがポイントです。


今回は「過去をスキャンする」ということについて、自分の経験をお話しします。

ちょっとお恥ずかしい話なのですが、おつきあいください。


ウチは妻と二人暮らし。

その妻が去年から自分で事業を始め、ほぼ同時に市民活動にも参加するようになりました。

そうすると休日にも出かけることが多くなったんです。


ところが、これがどうも気に入らない。今度の日曜○○に行く、とか聞かされると、すんごく不機嫌になるんです。

無視してみたり、声を荒げてみたり...


こうしたことが何度も何度もあったんですね。

でもあまりに何度もあるので、ある時

「おかしいな、何でオレこんなに動揺するんだろ? 過去に何かあったのかな」

と思うようになったんです。


そこで、自分の小さい頃から、住んでいた家や地域、親、親類、周りの人なんかを少しずつ思い出してみたんです。

そういうことをして何日目だったか、たぶん1週間とかは経っていたはずだけど、

「あーっ、もしかしたら...」

とガバッとはね起きたことがあるんです。


生まれ育ったところは、ものすごい田舎。

兄弟はいるんですが、年が離れているので、そのときは母と2人ぐらしだったんです。

母は今で言う助産師。

田舎なもんで、医者まで遠く、地域の妊婦さんには頼られていたと思います。

時々呼び出されて出かけるんですが、もちろんそれが夜ということも珍しくありません。


田舎ですから街灯もろくになく、隣家とも離れているので、夜になるとあたりは真っ暗。

そんな中、小さかった私は一人残されるわけで、どうもそのとき、

「置いて行かれるっ」

という恐怖を感じたのではないかと思うんですね。

それがトラウマになって、あんなに動揺したんではないか、と。


このことを妻にも話したんですが、いやあ不思議なもんです。

それ以来、まったくといってよいほど、動揺しなくなりました。

心が軽くなったんです。

心理療法の世界では、こういうそうです。

認識できるものは治療できる

と。


この経験からいくつかわかったことがあります。

1つはトラウマのない人はいない、ということ。どんなに大事に育てられても、持っていない人はいないと。

もう1つは、トラウマは自然に解消したりはしない、ということ。


何か妙に過剰に反応してしまうこと、どうも心にひっかること、あなたにはありませんか。

もしかしたらそれは、光を当ててくれるのを待っているのかもしれません。

そう、スキャナがジジジッと光を当てながら読み取るように、自分の過去をスキャンしてみるんです。

それで「あーっ」と思い出したら、少しは心が軽くなるかもしれません。


今回はここまで。

次回は「アンチパターン」について。

 

—————————————————-

■ 編集後記

義理の母は、もう何十年と便秘が悩み。いろんなサプリや薬も今ひとつ。

そこで、以前購入したことのある最強の食物繊維をプレゼントしました。

それから3ヶ月。同じものを注文してくれと連絡がありました。

リピ決定(笑)

義理の母の悩みを救ったのがこれ↓

http://www.ndana.com/url/file/colon.html

私も今も時々飲んでます。

腸内に残る宿便というのもあるそうで、便秘ではないという人も試して欲しい。

一日一回飲んで、3ヶ月ぐらい持ちます。コスパもいいし。

ほんとこれ、超の字が3つつくぐらいおすすめ。腸だけに(笑)。